© COPYRIGHT YIRI ARTS 2012-2017

Watanabe Tenma

渡邉天馬 Watanabe Tenma

About
The Co-Existence Series is made to blur the line between art and reality.
The artist wishes the art to exist in the daily life of people.
The reason the artist uses flower wallpaper as a motif is to forge a stronger
connection between the paintings and the lived experiences of the viewer.
Also considering of the long history of portraits in art, the artist helped the
viewer to focus on the figure by using the same pattern on the clothes.
There’s a difference between appreciating art in museums or galleries and living with art.
Buying and taking in the art as a part of your life is similar to bringing a new family member home.
Such co-existence is what the artist desired to create.

”共存/共生 co-existence” 是在討論藝術與現時之間的模糊界線,
而藝術家天馬也希望藉由此創作系列,讓藝術體現於大眾的日常生活當中。
藝術家使用花樣的壁紙為作品基調/主題,以營造出作品與觀者更強烈/激烈/堅固stronger的聯結。
另一方面,回顧藝術史中幾乎大多數的藝術家,在處理肖像畫時都以描繪服裝上的重複性花樣,
來幫助觀者聚焦於作品本身。藝術家認為,在去美術館與博物館裏的展覽,
欣賞藝術作品/看展覽與藝術一起生活(living with art)是非常不同的。
而當你購買一件藝術作品亦或者是將藝術視為人生中的一部分,就如同帶了一位新的家庭成員回家。
所以,“共生/共存 co-existence” 這個主題,是藝術家天馬持續想要探討的議題。

Co-Existence(共生)シリーズはコンテンポラリーアートという垣根を飛び越え、
生活に寄り添うアートとしての存在をアーティストが願い、制作されたシリーズです。
普段私たちがギャラリーやミュージアムで観ることとアートと共に暮らすことには大きな違いがあります。
生活に溢れる花柄の壁紙というものをモチーフとして取り込むことで、一層と親近感を持たせ、
また服にも同じパターンを使用することで長きに渡る肖像というテーマを
自分なりのアプローチで人物へのフォーカスを可能としています。
アートを手にし、自分の生活の一部として取り込むことは、小さな家族を迎えることでもあります。
そんなアートと人生の共生をアーティストは願っています。

CV
2009 崇光藝術高中油畫組畢業
1992 千葉出生

Solo Exhibition
2015 Wallflower Boy,YIRI Art,台中,台灣
2015 Star is Shining,NPO Akta,東京,日本
2013 175*55*21,NPO Akta,東京,日本

Group Exhibition
2013 東京レインボーウィーク 2013,新宿,東京,日本

Other
2015-2016 “Fight For Disability” Project,印度、巴基斯坦
2016 俺の一存 Vol.2 Live Painting,東京, 日本
2015 Live Painting feat. Ore-1,NPO Akta,東京,日本
2014 俺の一存 Vol.1 Live Painting,Star Pine’s Cafe,東京,日本
2013 東京レインボーウィーク2013 Live Painting,新宿,東京,日本
2013 "Collage" Live Painting feat. GEISAI,名古屋芸術大学,名古屋,日本

2015

2014

>>back

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Tumblr